lothar’s diary

社会人1年目のSE雑記ブログ。毎日20時更新

楽しいかどうかは楽しいと思えるかどうか

僕は「あなたの生きる目的は?」と聞かれたら「楽しいことしたいから」と答える。高校の頃に心に決めたこの人生指針は、今も変わらず僕の最重要事項だ。

楽しくなければ僕の人生は生きる価値無し。楽しいこと無くなったら僕は人生を絶とうと決めている。勘違いしないで欲しいのは、この原則は僕が僕にだけ適応しているのものだ。他の人間のことなど知ったことでは無い。

 

さて、そうは言っても人生、楽しいことばかりでは無い。辛いこと、苦しいことはそれなりにある。じゃあ僕はそれを避けて通るのか……いやぁ、そりゃ無理でしょ

そこで僕がつける現実的な折り合いは、今後楽しいことが起こる見込みがなくなったら終わり。つまり今苦しくても、先に楽しいことが待ってるなら良し……と言った具合だ。

まぁこれくらいが現実的。楽しいことだけしたいけど、それを実現しようとして辛いことから逃げちゃうとね……あとからデカくなって帰ってくるものだから。僕には自殺を先延ばしにする趣味はない。

 

嫌なことも必要であれば受け入れるスタイルではある。そうは言ってもそれは少なければ少ないほどいい。楽しいことが多いに越したことはない。

僕にとっての楽しいこと、それはシンプルに自分が楽しめるか、面白いと思えるか、笑顔でいられるかどうかである。

 

--これは高校生の時に見つけた裏技なんだけど、人生における楽しいことの比率って実は増やすことが出来る。

それは楽しいと思いこんで、とりあえず笑顔になることだ。人生における「嫌だなぁ」と思う出来事は、大抵色んな要素を孕んでいる。例えば仕事で責任重大なタスクを任される。これを嫌なことと思う根本は失敗した時のリスクがデカいことだ。それ以外のことに目を向けてみれば、新しいスキルが得られるとか、退屈しないとか……そう思い込めばなんだか楽しめそうな気がしてくる要素ばかりだ。

 

いやいや、そうはならんやろ。嫌なことは嫌なことだよ……って人が大半だと思う。でも面白いって思い込めば大概なんかしら楽しい部分があるんだよね。その思い込みが完全にハマってしまえば、嫌なことは楽しいことに成り代わる。すると……ほら、人生の楽しいことが増えたでしょ?

 

「それってただそう思い込んでるだけでほんとに楽しいことじゃないのでは?」

 

そんなの関係ないね。僕にとって重要なのは僕が楽しいかどうか。他人からどう思われるかはまた別の話。だいたい心の持ちようの話なので、他人からどう思われるとかないし。この思考を他人に押し付けなければいいだけだし。

 

こんなふうに理由をつけて、何事も楽しもうとしてみると、あら不思議。人生ってのは思ったより楽しいことが多い。嫌なことは嫌でも目につくけど、楽しいことは意外と見落としている。そんなことに気づく。

リスカするほどの高校時代を思い返しても、いい人たちばかりだったと言えるのは、その人たちと何かしら「楽しい」が結びついているからだろう。

 

僕はこれからも自分のために、人生と楽しいと思い込む。それで僕は生き長らえる。自分が本当に楽しいと感じていたのかどうか分からなくなっても、今が楽しければそれでいいのだ。

 

桜の季節は思った以上に短い

春。出会いと別れの季節。あと花粉垂れ流しの最悪の季節。

エモーショナルな季節を彩るのは花。辛く寒い冬を乗り越え、暖かな陽気の中で咲き乱れる花々は人々に感傷を与えてくれる。

そんな春の花の代表格と言えばだろう。とりあえずエモいシーンは桜舞ってるイメージがある。ほかにも菜の花とか梅とかあるけど、やっぱ代表は桜なんよね。これはもう日本人の精神性の根っこに宿っていると思う。

 

花粉の季節は基本的に引きこもってやり過ごす僕なのだけど、今年の1月に新しいカメラを購入したばかり。今年はせっかくだし「桜が撮りたい!」となったのである。

ということでそろそろ咲くかな~という時期に桜の名所である旧中川に行ってみた。これが3/31。その前日からいきなり暖かくなって、これはもう桜咲いたでしょくらいの気分で訪れた。

 

――が、残念ながら桜はまだ咲いていなかった。もう少しで咲きそう……蕾はいっぱいでているんだけど……くらいの感じ。せっかく来たのに残念である。までもこの日はカメラの使い方を覚えられたので結果ヨシ!。

ということで諦めて帰ろうとした矢先。

 

f:id:Lothar:20240410173324j:image

 

少しだけ、ほんの少しだけ咲いているのを発見。20数年見慣れたソメイヨシノである。ピントがしっかり合い切らなくてちょっと微妙な感じになってしまった。でも春の訪れを感じられてよかったと思う。

 

その2日後くらいに近所で桜が満開になっているのを発見。先日はほんの少し早かったんだねぇ、惜しい。なんて思いながら見てた。ちなみに仕事の休憩時間に街に降りると、初々しい制服の子と親が何組か見られた。なるほど、入学式のシーズンなのね。

 

f:id:Lothar:20240410173320j:image

 

1週間後の4/6。ヨルシカのライブに行く途中で見つけた桜。都会でシレっと咲いている桜である。まだ満開になって1週間も経っていないのに既に葉桜になり始めている。なんかちょっと暗いのは僕がF値の操作をミスったせい。ちなみにこの後のライブで演奏された「春泥棒」のせいで桜に対する感情デカめになっている。

 

youtu.be

 

f:id:Lothar:20240410173317j:image

 

ライブから3日後くらいの午後。近所の桜を撮りに行った。この頃にはもうかなり葉がついてきていて、満開はとうに過ぎ去っている桜だった。手前の一輪にだけピントを合わせて撮ってみる。今回は逆に明るすぎただろうか?淡いピンクは感じられずに、真白な桜のように見える。

桜舞うの道路には路面が見えなくなるほどの花びら。それはもう散り始めていることの象徴。桜の季節は2週間もない。僕が思っていた以上に短い。

それまで「ただ奇麗だな」という感傷だけで見ていた桜は、月日を追ってみればとても短く咲き乱れることが分かる。それまで僕は意識もしなかった桜の咲く時間。春は、短い。

 

――対して花粉はなんで数か月も飛んでんだよ。もうちょっと自重しろよ。春の嫌な部分。

 

 

関連記事

 

lothardiary.hateblo.jp

 

lothardiary.hateblo.jp

 

学校の勉強はNISA

学生の勉強ってなんか面白くないんだよね。でも仕事の中でやる勉強は結構楽しくてさ。モチベーション高いまま勉強ができてる。

んでもさ、小学生とか中学生の時ってそれをやんなきゃいけないじゃん。例えば中学生に「勉強って意味ないじゃないですか。モチベ保てないんですよね〜」みたいなことを言われたら、僕はどう返せばいいんだろうか。ちょっと考えてみた。

 

よくある定番の答えとしては「社会勉強」とか「間接的に努力する方法を学んでる」とかそんなんだよね。まぁ一定の説得力があると思う。説得力あるからこそ定番の答えなんだよね。

までもそれで終わらせちゃうと思考停止なのでもちっと考えてみる。

 

学校の勉強って正直なくても社会で生きていくことはできる。算数できなくて見下されることはあれど、それが死に直結するわけじゃない。だから上の例はなんかピンとこないんだよね。

ん〜でも学校の勉強が役に立たないわけじゃない。それなりにいい高校とか大学行くには必ず勉強が必要だし、学歴社会はまだ明確にあるしね。ってゆーかそれを無くすには全員大学まで行くか、全員中学出て就職するかしかないと思うんよね。そうなると勉強していい学校に行くのは役に立たない訳が無い。

 

うーん……なくてもいいけどあった方がいいモノって感じか……なんかいい感じに例えられないかな。

ーーあ〜、年金とか?溜めておいて将来役に立つみたいな……いや、今の年金に対する危機感のせいでなんか違うか。じゃあ投資信託とか?

うーん、でも投資信託ってちゃんと調べてやれば大損しにくいけど、なんか怪しい感じあるしなぁ。学校の勉強に怪しい感じはしないし。

 

あっ!NISAとかどうよ?積み立てNISAなら大損しにくい感じは保ったまま政府の補助制度ってこともあって安心感ない?しかも税金が免除されてるのも義務教育で教育が受けられるって感じも似てる。

あー、なんかしっくりくるな。「NISAやっといた方がいい」ってよく言われるじゃん。老後2000万問題とかもあるし、やらなくても死にやしないけど、やった方がいいって感じが学校の勉強と似てない?

 

うん、個人的には中々しっくりくるな。「学校の勉強って実質NISAなんだよ」……ちゃんと根拠も説明できるし、それなりにうまくできた例えだと思う。

しかし問題なのは中学生にそう伝えたとしても、多分勉強の重要性は伝わらないことである。つまり最初に考えていた質問への返しとしては一般的な答え以下になるんじゃないか……と思っている。

まぁ結構みんな的確な答えに悩むってことは、そんな簡単な問題じゃないってことなんだよね。なんかいい感じの回答があれば教えてください。

 

簡素化する別れ

 

今月で自分の会社の先輩が転職する。自分が配属された時からお世話になっている先輩で、個人的に尊敬している方。

 

転職するという話を初めて聞いたのは先月の中旬くらい。なんかこう、何となくソワソワしている雰囲気をチーム内で感じていて、「なんかあんのかな?」と思っていた時だった。

月に何度もない出社の時、帰りの電車内の雑談でサラッと告げられた。驚きは大きかったんだけど、最近のチームの雰囲気の答え合わせのようで意外感はなかった。

 

それから段々と引き継ぎが行われ、先輩の手から仕事が離れていった。最初に告げられた時はあんまり実感なかったんだけどその様を見ていると「居なくなっちゃうんだなぁ」と思わされた。寂しくなるのと同時に「この先輩居なくなって仕事大丈夫なのかな……」という一抹の不安もある。

 

そんな出来事もあったせいか、他の方々とも転職の話をするタイミングが増えた。

「1年目の君がいるところで言うことじゃないかもだけど〜……」みたいな前置きで話すこともしばしば。まぁ僕はまだ転職をミリも考えていないから、参考に話だけ聞いている。

 

までもこの業界、転職は別に珍しくない。チームでは転職で会社に入ってきた人の方が多いし、この1年で転職で入ってくる人は何人か居た。リーダー陣に話を聞くと転職3回、4回くらいの人は珍しくない。

チームから転職者が出るのが初めてというだけだ。

 

「この業界ではよくあることだし、出会いがあれば別れもある」

 

上司から言われた言葉である。この1年で出会いも別れも経験しているわけだから、これからの長い社会人生活で嫌というほど経験することになるのだろう。今別れに感じている寂寥も、次第に薄れて当たり前となっていくのだろうか……?そう考えると、今の感情は意外と貴重な物なのかもしれない。

 

これは先輩に対してではなく、送り出す側について感じたことなんだけど、上司の言葉からも感じたことなんだけど、学生の頃より別れに対してシビアというか……なんか素っ気なさがある気がする。

送別会もしたし、次の会社でも頑張って!って感じはあるんだけど、学生の時ほど集団としての感情が強くないというか……うーむ、なんと言ったらいいのだろうか。ただ、なんか違うんだよね。感情を節約してる感じ?仕事という仕切りを間に挟んでるような……

 

これからも沢山別れを経験するんだろうけれど、その一つ一つに対する感じ方はこれから変わっていくのだろうか、なんて思った。

 

春眠暁を覚えず

3月、暦では春である。春の陽気、澄み渡る空、日向ぼっこする猫、出会いと別れの象徴である桜。様々なエモーショナルに満ち溢れる目覚めの季節だ。

そんな季節の心地良さは千年前から同様のようで、唐の詩人・孟浩然が日本の国語の教科書に残るくらいのクソ強五言絶句「春眠不覚暁」として書き残している。

これは「春眠、暁を覚えず」と訳され、「春って心地よくてクソ寝るから、夜明けとか知らんのよな」って感じの意味。この数世紀後に「春はあけぼの」と言い出す平安女子がいるのだけど、この2人で感性のスタンスが多分正反対なんやろな。

 

……いや、これはどちらも両立するか。普段寝過ごしてるけどたまにオールした後に見る朝焼けとか綺麗やもんな。そういうことか。

 

さて、僕は「春眠、暁を覚えず」には大いに賛成派の人間である。春といえど朝はまだ肌寒い。たとえ1度目が覚めたとしても布団の心地良さ、外壁隔てて僅かに感じる春の日差し。そこに気だるい眠気が合わさると二度寝不可避。夜明けとか知ったこっちゃねぇ。夏はつい暑くて夜明けに起きて活動することあるけど、春にはそんな事しないしな。

 

まぁ布団から出れなさ度で言えば冬の方がすごいんだけど、それにしても春ってのは意識がはっきりせずよく寝過ごす気分である。唐の詩人はこれを「春の陽気のせい」と言っており、僕も昔は同様に考えていた。それって理由としてはノンビリしててなんかエモいし。

 

しかし、最近になっておもったのだ。

--これ花粉のせいでは?

僕が春に暁を覚えないのは、陽気のせいではなくスギ花粉で普通に体調ちょっと崩してるせいで睡眠時間伸びているだけなのでは?

そう思ったのである。気持ちいいものではなく、シンプルちょっとした体調不良じゃないか。そう疑っているのである。

 

ちなみに孟浩然さんは100パー陽気のせいだと思う。中国って花粉はないらしいし。これはあくまで僕にとっての原因が違うのではないか?という話である。

体調悪くなると睡眠時間増えるのはあるある。二日酔いすると寝たくなるでしょ。あれと同じ原理。僕は二日酔いしないから今憶測で言ってるけど。

 

1000年前から続くエモーショナルなるに浸ってると思ったら、ただの体調不良だったとなるとなんか悲しくなる。自分の体質からそれを疑わなくてはならなくなるのがなんかヤダ。っていうか、こうやってエモの空間にリアリティ持ってくるのが良くないんだろうな、花粉とか考えなければなんかエモいじゃん、春の二度寝

 

そんな現実ばかり考えるつまらない大人にはなりたくないな……やっぱ春の二度寝は陽気のせいにしておこうかな……そっちの方がなんかいいもんな。うん、やっぱ今の話ナシで。

 

陰毛と異文化

 

排水溝の掃除をしていた。洗剤をかけてシャワーで流し、奥の方に溜まった髪の毛を取って捨てる。今の時期は毛の生え変わりが早いなぁとか、だいぶ髪伸びてきたな〜とか思ってた。

 

そんでふと、この間行った風俗で相手をしてくれた女性がパイパンだったことを思い出した。ちなみに今僕もパイパンである。でも温泉とか行くとパイパンの男性ってまず居ないよね。女性だとどうなのかは全然知らないが、男性は剃ってる人はほとんどいなかったと思う。

 

と、この流れで帰国子女の友人のことを思い出した。今は福岡で音楽活動をしている尊敬すべき友人だ。彼は高校までアメリカですごし、大学から日本に来た。しかしまぁ日本語ペラペラで、すごいイケメン。非の打ち所がない良い奴だった。

そんな彼と銭湯に行ったことがある。その時に彼と陰毛の話をした。

 

彼いわく「アメリカいた時は剃ってたけど、こっち来てからは生やすようになったかな」とのこと。

理由を聞いたら、「周りがそうだから」

つまりアメリカでは剃っているのがスタンダードということだろう。しかし日本では違う。女は知らないが男は生やしているのがスタンダードである。こんなところに文化の違いがあるのか、と面白がって聞いていた。

陰毛ひとつとっても異文化を感じられる。それが可笑しくも重要なことに思えて何となく覚えていた。

 

アメリカではパイパンだった彼は日本では生やすようになった。それはその行為に特別こだわりが無く、ただ周りに合わせてやっていたからだと思う。それは何ら悪いことじゃないし、郷に入っては郷に従え、というように異文化に混じる意味では正解な行動だろう。

センシティブな話だからあんま語られないけど、こういうところに文化交流ってあんのかな……とぼんやりと思う。

 

まぁ日本でパイパンだと浮くしね。大学時代、友人と温泉旅行行ったことがあるんだけど、そん時僕パイパンだったのめっちゃ面白がられた記憶ある。帰りの車内で「でもお前パイパンやもんなぁ笑笑」ってなってた記憶ある。それが面白いくらいには普通では無いのだ。それなら生やした方が楽というものだろう。

 

そんな文化の差について、陰毛一つでぼんやり考えた。いや、そもそも排水溝の掃除してたんだった。まぁひと段落着いたしシャワー浴びますか、とそのまま服を脱いでシャワーを浴びる。

自分の股間に目を向けてみる。つんつるてん、である。僕のこれはアメリカの文化によるものでは無い。強いて何かと言われると、多様性とかそんなもんだと思う。

陰毛一つで異文化とか多様性とか大層なもんだ。そういうのってこんな日常に根ざしてんだな……なんて。

 

恋愛感情って何か

未だに分からないならもうずっとわからんだろう

 

高校時代の友人から久しぶりに連絡が来た。いい気分だったので誰かに電話したかったそうだ。なんか女友達とご飯いって、「恋愛経験がないと焦るよね~」みたいな話をして、それでいろいろ思ったそう。僕はうんうん言いながらその話を聞いていた。

そんな中で「恋愛感情ってものが未だに分からない」みたいな話が出た。僕は反射的に「今の年までわかんなかったらもう分らんだろ」と答えた。ちなみに僕は23。大卒社会人1年目である。

 

このセリフは自分に対しての皮肉でもある。僕はいまだに恋愛感情がよくわからない。「愛している」ってのがどんな心を指すのかイメージが形成されていない。理解自体はできるけど。

自分がそんな状態で、そうなるともう期待できないんだろうなという感情込みで出た言葉である。僕が万が一今後恋愛をすることになったとしても、恋はわからず、友人的な好きからシームレスに愛に代わるのだろうと思っている。ゆえに僕はもう、恋愛感情をきちんと理解することができないのだろうと思っている。

そんな気持ちで吐いたセリフだったけど……通話を終えた後にじわじわ来た。

 

改めて、恋愛に諦めている自分がいて、なんだか空しくなる。それはもう結婚をしないとは同義ではないが、学生時代にやるべきことをやっていないようで、なんだか足りないまま大人になったような気分だ。

僕みたいな恋愛感情がよくわからないまま大人になった人ってそれなりにいるんだと思う。多分僕の今はどこにでもあるシチュエーション。

ただ電話先の彼らと違うのは、僕は焦りを感じていないことである。それを知らないことに焦っていない。むしろ諦めている。僕はおそらく、遅れている。同世代の感覚から離れた場所にいる。その自覚はあるのに焦りという感情が出てこない。

 

これまでの社会通念的には僕の方が間違っているんだと思う。でもそれでもいいか、と思ってしまっている自分がいる。恋愛感情を知らないことでそういうものに対する感覚が鈍っているのかもしれない。

 

恋愛感情って結局何なのだろうか?僕は皮肉屋なので、性欲をキレイに言い変えたもの……とか思ってしまうのだけど、一般的には違うんだろう。それが分かると何が変わると言うのだろうか……?それを知らないことにどうして焦らないといけないのだろうか……?

ラブロマンスを知らないままであることは、僕にどんなデメリットをもたらすのか。

なんもかんもわからないままである。そんなこと考えても諦めたことが後悔に変わるまで、僕の考えが変わることはないだろう。なんとも空しい人間である、と自分を客観視して思う。