lothar’s diary

雑記ブログ、日常で起こったことや思ったこと書きます。思索を吐き出す場所

賢さとはなんだ

 こんちゃー、ロタールです。

 友人と話してる時になんか「賢いよね」って言われたんですけど、そもそもどういう人を賢いと言うのだろうか。

 

 ここで「おべんつよ出来るやつが賢いんだよ!」って意見は論外。そういう話してない。日常的な状況において賢さとはどこで表れるものかって話してるから。

 

 ってな訳で以下、考察。

 まずよく言う日常的に頭がいいってのはどんな人か。頭の回転が早い、クリティカルシンキングできる、観察眼が鋭い、多角的な思考ができるetc……

 このどれもに言えそうなのが思考の視野が広いことと言えそう。色んな角度から物事を観察して、発生するであろういくつもの意見が脳裏に浮かぶ。そこから取捨選択して発言する。そーゆー人が賢い人?

 

 それならまぁ、社会経験を多く積んできた人や色んな経験をした人が賢い人たるのはわかる。そうやって色んなものを見てきたからこそ色んな視点から対象を観察できる。それが賢い状態であるとするならば、歳いった人ほど賢くなるのが道理だろう。

 だが実際はそうじゃない。歳いってても「この人同じようなことしか言わんなぁ」って人は一定数いる。(認知症は除く)

じゃあその人たちの経験は他の人と比べて薄っぺらいのか?うーん、確証はないけどそうも言いきれない気がする。大体の人が学校行って社会人なるっていうルートを辿っているのは確かだし。

 じゃあ何がその違いを生み出すんだろうか。……IQ?もしそうなら経験とか関係なくなっちゃうよね。

 

今気になって調べたらIQって成長で変化するらしい

IQは成長とともに変化していくそうです | STUDIO KIRINJI

 

ってことはIQの高さ≒賢さと言えなくもないのか。そのIQの上昇に経験とかが関わる?そうなれば今まで述べてきたことは恐らく間違いじゃないけど。

 

 IQ≒賢さがしっかり成り立つなら経験が多くなくても賢い人がいることもあるってことか。んー、確かにそういう人はいるなぁ(経験則)その人たちは元のIQが高めってことか。

 そんで頑張ってIQ上がるようなことに取り組んで賢くなった人もいる、と。何が人を賢くするのかはとても気になるけど、まぁそれは今後の話の種にとっとこう。

 つまりは元から賢いのと色々やって賢くなる人がいるっぽい?例えるなら天然と養殖か。所謂天才ってのは天然が養殖と同じようなことした状態ってことかもしれんね。だとしたら敵わんわ。

 

 結論として日常的に賢い人はIQが高い!多分!ってことになった。至って凡夫な結論だしなんの確証もないけれど、これがIQじゃなくても何かしらそういうのはあるんだろうな、と自分の中では納得。

 こうなると気になってくるのはどうやったら賢く(IQが高く)なれるか。多分調べたら出るからこれ締めたら調べよ。

 

 なんか意見とか、こういう本や記事があるよってのがあったら教えてください。