lothar’s diary

雑記ブログ、日常で起こったことや思ったこと書きます。思索を吐き出す場所

【歓喜】沖縄では花粉症にならない

こんちゃー、ロタールです。

 

今回は沖縄に行った時に感動したことについて。

花粉症の人にはめっちゃ朗報です。

 

 

 

 

沖縄では花粉がとんでいない?

僕はこの間沖縄に行った時に知ったのですが、多くの人はもう既に知っている情報なのでしょうか?

 

沖縄では花粉症にならない。

 

厳密には花粉は飛んでいるけれど、本土に比べてめちゃくちゃ量が少ないので症状が出るほどでは無い。

ということらしい。

 

「沖縄 花粉症」で調べたら沖縄では花粉症にならないという旨の記事がたくさんあったし、

「春は花粉から逃れるために沖縄に行く人も多いですよね?」

みたいな記述もあったので、僕が知らないだけで多くの人は知っている情報かもしれません。

 

ですが、僕にとっては衝撃的な事実。

沖縄旅行行ったことの1番の収穫かもしれません。

 

杉とヒノキがめっちゃ少ない

沖縄では花粉症にならない、といっても沖縄に杉とヒノキが植えられていないわけではありません。

 

ただ、その割合はめっちゃ少ない。

東京が森林免責の約40%であるのに対して、沖縄では約0.3%!

実に約130倍です!

 

そりゃ花粉も飛ばないわけですね笑

 

これにはきちんと歴史的理由もあるそうで、戦後に日本では杉とヒノキの植林を積極的に行っていました。

しかし、その時沖縄はアメリカの占領下。

 

つまり杉とヒノキが大量に植林された時期には日本の領土ではなかったんですね。

だから大量植林を免れたそうです。

 

それにプラスして沖縄の環境も杉とヒノキには向いていないそうで……

 

背の高い気である杉とヒノキは沖縄の大量に台風が来る気候では折れてしまうことが多いそう。

 

それにプラスして、花粉を木が散布するには1度寒くなってから暖かくなるという気温のプロセスが必要らしいです。

簡単に言えば冬眠から目覚めるというプロセスが必要。

 

これを「休眠打破」というそうです。

 

このふたつが沖縄に杉とヒノキが少ない主な要因みたいですね。

おかげで沖縄だと花粉症にならないそうです。

 

杉とヒノキはありませんが、ブタクサやススキは普通にあります。

 

なので、その辺にアレルギーがある人は完全に花粉から隔絶されている訳では無いのでそこは勘違いしない方がよさそうです。

 

あくまで「杉とヒノキに限った話」ですね。

 

実際めっちゃ快適だった

僕は薬とか飲まないと数時間外に居ただけで熱を出すくらいヒドイ花粉症です。

 

しかし、沖縄ではクスリ飲まなくても平気でした。

花粉症で顔も痒くなって肌荒れも酷くなります。

 

しかし、それも3日間しかいなかったのにだいぶ軽減されました笑

 

肌が痒くないことに感動しましたもんね笑

 

なので、ヒドイ花粉症の人は沖縄に避難するといいかもですね。

ちなみに北海道も花粉があんまり飛ばないみたいです。