lothar’s diary

雑記ブログ、日常で起こったことや思ったこと書きます。思索を吐き出す場所

【映画】ジョン・ウィック:チャプター2

こんちゃー、ロタールです。

 

今回はAmazonプライムでこの間見た「ジョン・ウィック」の続編、チャプター2の話。

1作目よりも追い詰められ、苦戦するジョンが見れます。

 

 

家を燃やされ、復讐の鬼に戻る

 

前作で元々所属していた組織のボスすら殺し、平穏な日々に戻ったジョン。犬と静かに暮らしていたが、そこにサンティーノという男が現れる。彼は過去にジョンと誓印という、裏社会において絶対の契約をしていた。契約の履行を求めてくるサンティーノをジョンは軽くあしらう。断られたサンティーノはジョンの家を燃やした。怒り心頭のジョンはサンティーノに復讐を誓うが、「誓印は絶対」というウィンストンの言葉で、誓印を果たしたあとにサンティーノを殺すと決意する。

 

--あらすじはこんな感じですねー。

 

物語は大きく、「サンティーノの依頼達成」「サンティーノ暗殺」の2つに分かれます。

前半のジョンは仕事を完璧に執行する暗殺者、後半は追い詰められた元暗殺者って感じです。

 

大きくジョンを取り巻く雰囲気は変わっていますが、彼のやることは依然変わりません。

脇目も振らず、対象の命を狩り取ろうとする死神。

 

前作で好評だったアクションはしっかり健在です。

 

あとこれは前作も思い返してみて気づいたことですが、彼はカタギの人間は全く殺していません。

っていうか敵組織のやつも大体そう。

 

例外は最初にジョンの車を盗んだあんぽんたんくらいでしょうか……

 

なんかそういうとこに気づくと「かっこえーー!」って感じちゃいますね。

 

鉛筆殺しのエピソード

中盤、ジョンは懸賞金をかけられてニューヨーク中の暗殺者に狙われることになります。

 

この時、ジョンは暗殺依頼を終えて満身創痍。そんな中で一般人に紛れて暗殺者が迫り来るのですから、恐怖は底知れないですね。

 

どこから敵が来るのか、視聴してる僕もドキドキしっぱなしでした。

 

そして、前作から語られていたジョンの逸話「鉛筆一本で3人を殺した」というエピソード。

これがついに現実のものとなります。

 

襲い来る刺客を、装備の足りないジョンはなんと鉛筆一本で倒してしまいました!

 

衝撃の展開!常々言われてたエピソードがついに見れた驚きで僕は大興奮。

 

その後の電車内での乱闘も良かったですね。

各駅で人が降りる事に、敵の暗殺者に近づいていくシーンは思わず冷や汗が流れました。

 

最後はかなり衝撃的な展開なのですが……それはご自身の目で確かめてください!

 

3作目まではAmazonプライムで見れるみたいなので、それも見ようと思います。

 

ジョンが引退前に果たした仕事についても映像で見てみたいですね!

 

 

Amazon.co.jp: ジョン・ウィック:チャプター2(字幕版)を観る | Prime Video