lothar’s diary

雑記ブログ、日常で起こったことや思ったこと書きます。思索を吐き出す場所

【映画】ジョン・ウィック:パラベラム

こんちゃー、ロタールです。

 

今回見た映画は「ジョン・ウィック:パラベラム」

最近僕が見ているキアヌ・リーブス主演のジョン・ウィックシリーズの3作目です。

 

 

絶対のルールを破ったジョン、必死の抵抗

前作「ジョン・ウィック チャプター2」のラストにて、殺しの仕事を禁止とされていた聖域、コンチネンタルホテルで殺しを行ったジョン。

指名手配され、ニューヨーク中の殺し屋から狙われることになりました。

 

残された数少ない伝手を使い、なんとか自分の暗殺命令を撤回しようと試みます。

ですが、もちろん狙ってくる暗殺者は盛りだくさん。

 

ろくなサポートも受けられず満身創痍ですが、それでも向かってくる敵はきちんと仕留めるジョン。

いつもほどの余裕がない殺しで、ハラハラする部分も多いですが、それでも流石伝説の殺し屋。

 

確実に追っ手を屠っていきます。

 

ジョンは昔の伝手を使ってなんか強そうな女性を訪ねます。その女性にジョンは頼み込んで、モロッコへと飛び立ちます。

そこでかつて誠印を交わした女性を訪ね、裏社会の上位組織の1人への謁見を頼み込みます。

 

かなり渋る女性でしたが、前作でジョンが狙われる原因を作った誠印。効力は絶大です。

 

「チャプター2」序盤のジョンとサンティーノのやり取りを想起されるシーン。ですが、今回のジョンは依頼を頼み込む側です。

女性は渋々ながら、ジョンを偉い人の元に連れていきます。

 

組織の偉い人から、「許すかどうかは組織のボス次第。砂漠に行って星見たらボスに会えるかもよ。」と言われたのでジョンは砂漠へ。

 

なんとかジョンは、ボスに会うことに成功します。

 

衝撃のラストと次回作への期待

ボスが提示したジョンの暗殺命令を取り消す条件は、ある仕事を達成することでした。

仕事のために、コンチネンタルホテルへ戻るジョン。

 

そこでなんやかんやあって、ジョンはホテルに攻め込んでくる暗殺者と戦うことに!

(なんやかんやは自分の目で確かめてください)

 

これまでの敵とはひと味違う、特殊装備持ちの暗殺者達がやってきます。

苦戦するもなんとか彼らを撃退するジョン。

 

しかし敵はまだ残っています。

序盤で登場し、ジョンの命を狙い続けた寿司屋のしじいとの最終決戦。

なかなか白熱の決戦で、僕も熱くなりました!

 

辛勝するジョンでしたが、その後にはかなり衝撃的な展開がっ!

ここはご自分の目でお確かめください。

 

そして復讐の鬼となったジョンの凄絶な殺しの復讐が始まる!みたいな感じで終わります。

 

かなり引きが強い終わり方。次回作が楽しみになりますね!

4作目、5作目の制作は決定しているそうです。楽しみですね、公開されたら映画館で見ようかな。

 

全体の感想としては、かなり追い詰められているイメージでした。これまでのクールな殺しというよりも、厳しい状況を打開するための殺し。

かなり荒い作風のように感じました。それでも面白いことは変わりないですけどね!

 

amzn.to