lothar’s diary

雑記ブログ、日常で起こったことや思ったこと書きます。思索を吐き出す場所

【アレルギー】花粉症が今年もやってくる……

 こんちゃー、ロタールです。

 

 ついにこの時期が来てしまった……毎年鼻、喉、目が悲鳴を上げる季節。

 そう、花粉の春が来たのだ。

 

 花粉症とは、スギやヒノキなどの樹木が飛散させる花粉に対するアレルギー症状の総称である。

 

f:id:Lothar:20210222134222j:plain

 

 

2月中旬から飛散する花粉

 花粉症の人なら良くわかると思うけど、ついに始まったね。

 今現在西日本から関東辺りまではスギ花粉が飛散しまくっているらしい。

 

 今更だけど僕も重度の花粉症。っていうか、かなりのアレルギー体質なのでその保持アレルギーの1つに花粉がある感じ。

 今も痒い目をこすり、時折鼻をかみながらこの記事を書いている。正直辛いわ。早めに病院行こ。

 

 このスギ花粉、地域によってピークが違うんだけど、僕の住んでいる地域では2月いっぱいから3月初めがピークらしい。

 

 こうして鼻がむずがゆくなると「春が来たな」と思う反面、杉が立ち並ぶ山を見ると恨めしく思えてきてしまう。

 僕の症状は鼻水、鼻づまり、目の痒み、喉の痒み等々。この中で一番ひどいのが目の痒みなのだが、これ以上に社会生活を送るうえで厄介な症状がある。

 

 それは肌荒れ。めっちゃ肌痒くなったりニキビできやすくなったりするのだ。普段ならきちんとケアしていれば問題のないお肌も花粉に触れることによって大打撃を受けるのだ。

 

 これがほんといや。あとキチンと対策しておかないと熱出しかねないのもほんといやね。

 マスクつけずに外に出ただけで次の日寝込むから。今は別件でマスクつけ忘れるなんてことないけれど。

 

スギ花粉が終わっても油断できない

 スギ花粉については遅くても3月末にはピークが終わる。

 

 しかしそれが花粉症の終わりにつながるわけではない。まだ、ヒノキ花粉が残っているのだ!!

 ヒノキ花粉の飛散時期は3月中旬から4月下旬。ちょうどスギ花粉が終わるタイミングでこいつがやってくる。

 

 なのでスギ花粉が終わったからと言って油断してはならない。僕の場合はヒノキ花粉の方が症状がひどいので特に注意が必要である。

 

 スギ花粉だけあってヒノキ花粉のアレルギーは持っていないという人もいるのでそういう人は3月には楽になれる。

 勿論その逆もいるので今無症状だからと言って油断しないことである。

 

 ……つっても、体感ではスギ花粉の方がひどい人が多いと思う。

 

今花粉症じゃなくても注意!!

 花粉症の個人的最も恐ろしいポイントは、今無症状でもそのうち症状が出る可能性があることである。

 

「僕花粉症ないんですよねー大変そうですね」

 

 って言っていた人が数年後に会ってみると、

 

「花粉症で鼻水止まんなくて大変でさー」

 

 とか言っていることがある。これが怖いのだ。

 今は平気!!余裕!!であっても多量の花粉に触れることで花粉症になることは十分にある。

 

 うちの中学は山の中にあり、しかもその山は人工林だったのでスギが乱立していた。

 そこに3年間通ったわけだが、勿論重度の花粉症持ちの僕は毎年死んでたのは当たり前だが、1年の時は平気そうだった友人が3年になったころには、春にマスクをつけるようになっていた……

 

 しかもこれ、一人だけじゃないのである。何人も春にマスクをつけるようになっていたのだ。

 

 こういうことがアレルギーでは起こるので恐ろしい。

 だから今花粉症じゃない人も気を付けてください。